ほんものの梅干しを広める通販ショップ

JAS認定、有機無農薬栽培の完熟梅を4年もの時間をかけてじっくり熟成させた

熟成梅干し

熟成梅は
どんな梅干し?

熟成梅を
つくっている人は?

熟成梅ができるまで

生産者と販売元の
対談

梅干し生産者との対談 贈答用熟成梅干し

贈答用梅干
贈り物、ご進物に


できるだけ農薬を少なくし、無化学肥料で栽培した青梅と赤シソを沖縄の塩シママースで熟成させた

三年もの梅干し

3年もの梅干しは
どんな梅干し?

3年もの梅干しを
つくっている人は?

3年もの梅干しが
できるまで


お客様の声


綴り*'blog
少しそのままかじってみましたが酸っぱいヾ(●'∀'●)ノ←当たり前
ただ、自家製の梅とは違い(添加物なしの物と比較するという意味で)まろやかです。・・・
miumiu'blog
果肉はとっても柔らかく、そしてとろ~んと口の中で溶けていく感じ
4年ものでも酸っぱいだけじゃなく、しっかりと梅の香りも味もありマジで旨い!
これは焼酎に入れたらヤバイくらい美味しくなっちゃうと確信。何杯でも飲めちゃうし、むしろ飲みたい感じ・・・
つぶあん'blog
息子にもひとつ。かなり酸っぱいので、その後で飲む牛乳が甘くておいしいんだって。
余分な味のしない昔ながらの梅干しは、本当に酸っぱいけれど、皮が薄くて柔らかく、つい後をひく美味しさ。・・・


特定商取引
食健 ロゴ
熟成梅を作っている人

心を傾けているのは安全な食べ物、命ある食べ物。
だから、命を育む食べ物をつくっているという自覚と責任をもっています。
さらに今、植物の自力を信じて、肥料すら使わない道へ歩み出しました。

熟成梅の故郷は和歌山県の南部町。皮が柔らかく果肉の厚い梅干しができることで有名な南高梅が原料です。そんな南高梅を丹誠込めて栽培し、さらに梅干しまで手づくりするのが三尾農園の三尾さん。
 三尾さんの梅づくりへの情熱が高まったのは私たちが食べる食品への疑問がきっかけです。
 豊かさと快適さを求めた近代社会の営みで得た恩恵と引き換えに、水が汚れ、大気が汚れ、そして食べ物までが添加物や農薬で汚染され、人々に深刻な健康被害をもたらしました。
 三尾さんはその様な状況への反省と危機感から、自ら玄米自然食を始め、農薬や添加物に汚染されていない食べ物と、正しい食事のとりかたの大切さを確かめながら、1984年から、農薬や化学肥料を使わない無農薬有機農業に取り組んできたのです。

 JAS認定の有機農産物にもピンからキリまであります。有機農産物に関心をもつ人が増えてきた今、多くの生産・流通現場においては、『命を育む食べ物』という認識よりも、『利益を上げるための商材』として捉えられているように感じます。
 そして「JAS法」による有機農産物の定義に反して、実情は従来から使われている一部の農薬(硫黄剤、銅剤、BT剤等、その他いくつかの殺虫・殺菌剤)を使用していることは、一般にはあまり知らされておりません。そしてその様な生産物が、あたかも安全であるかの様な表現と共に、有機農産物として「JAS」認証マークを付して出回っているのが現状です。
 三尾さんは『曖昧な基準の有機栽培』ではなく、真に生命力のある健康な作物を育てるために、堆肥や野草、有機質肥料等を用い、健全な土作りにつとめながら、すべて一切の農薬や化学肥料を使用せずに栽培しています。

 さらに今、その有機質肥料すら必要ないと無肥料栽培に移行しています。 適した土地(場所)に、適した品種を植え、自然の摂理に沿った栽培をすれば、異常天候や環境異変がない限り、栄養豊かでおいしく、生命力があり、病害虫の被害もそれほど多くを受けない梅ができます。低毒性とはいえ、農薬を使用しなければ出来ないということは、その作物を植える土地や品種、技術に誤りがあるからです。
 梅を含めて植物は自身の力で花を咲かし、実をつけます。私たちはその営みがスムーズにいくようにほんの少し手助けするだけです。
 農薬や肥料を与えなければ育たない、実を成さないという捉え方は、人間の浅い認識からくるのではないでしょうか。
 三尾さんは植物は自身の力で私たちに豊かな実りを授けてくれるものだと信じて梅とともに歩んでいます。

     

熟成梅(4年もの) ¥5,724
●内容量:1Kg
●原材料:南高梅(和歌山県産)、
自然塩(原材料:室戸海洋深層海水)
買い物かごへに入れる

 

三尾さんと販売元代表の対談!

三尾さんの梅干しづくりを通して生き方賛同する販売元代表の千坂さん。熟成梅をお願いしてはや6年。あらためて三尾さんとお話しし、さらなる進化を目指す三尾さんにますます熟成梅への情熱が燃えだしたと言います。対談の模様はこちらから